東京ドームシティ・アトラクションズで水遊び!わくわくウォーターガーデンの混雑は?

マジカルミスト

東京ドームシティ・アトラクションズ(旧後楽園遊園地)には乗り物やヒーローショーなど、子ども達が楽しめる場所がたくさんあります。

東京ドームシティのクーポンや効率的な周り方はこちら
ジュウオウジャーを120%楽しむ東京ドームシティ!ヒーローショーおすすめ座席も

でも、あまり知られていないのは、夏は水遊びもおすすめということ。

夏休み期間には水遊び用のアトラクションわくわくウォーターガーデンもやっています。

全身びしょぬれになって、暑い夏を乗り切りましょう。

期間限定!わくわくウォーターガーデン

2016年8月31日まで、ウォーターガーデンという水遊び広場が登場します

入場料は

1時間1,000円(延長は30分毎で500円)
※保護者の入場は無料です。
※ワンデーパスポート、ナイト割引パスポート、ライド5、乗り物1回券は使用不可
※3歳未満はかかりませんが、その場合付き添いの大人に料金がかかります。

2016/08/05現在、入場の際の待ち時間はありませんでした。

持ち物は?

着替えサンダル、オムツが外れていないお子様は水遊びパンツが必須です。
特にサンダルは無いとレンタルしなくてはいけなくなりますので、持って行った方がよいです。

水着はなくても利用可能ですが、かなり濡れるので持っていく方が無難かも。たいていのお子さんは水着を着ていました。

オススメ水遊びパンツはこちら

なお、わくわくウォーターガーデン内でサンダル500円でレンタルでき、使い捨ての水遊びパンツは200円で購入できますよ。

更衣室はある?

わくわくウォーターガーデン内にあります。カーテンを仕切れる個室が2つありますが、土日は混雑が予想されるので、巻きタオルを持参してもよいかも。

私は夏休み平日に行きましたが、そこそこ混んでおり、女の子だけ個室で着替えさせました。

なお更衣室はわくわくウォーターガーデン内にあるため、着替えの時間も含めての料金になります。混んでいると時間が延長になってしまうかもしれないので、十分ご注意くださいね!

どんなアトラクションがあるの?

びしょぬれアドベンチャー(3歳〜小学生)
一部しか撮れなかった。。

一部しか撮れなかった。。

びしょ濡れのアスレチックを進むものになります。なかには滑り台や登る場所があります。大人は入れないため、一人でいけるお子様が対象です。出口に戻ってくる頃にはかなり濡れているはずです。

平日夏休み参考混雑)待ち時間10分

ウォータースライダービッグ(3歳〜小学生)

ウォータースライダービッグ
ウォータースライダービッグ正面

水が流れており、ウォータースライダーのように水と一緒に滑ることができます。水が流れているため、いい勢いで滑りおりてきます。大人と一緒には滑ることはできません。

平日夏休み参考混雑)待ち時間5分

びっくりバケツ

びっくりバケツ

少しづつバケツに水がたまります。一定量以上になるとバケツがひっくり返り、水をかぶることに。ひっくり返るまでそれなりの時間がかかるため、我が家の子ども達は全然待てず、まったくかぶれませんでした。。

マジカルミスト

マジカルミスト

わくわくウォーターガーデンが開催されていない時期は無料で遊べる場所ですね。地面から一定の間隔でミストや水が飛び出る仕組みで、子ども達が大興奮するエリアです。

どきどきバルーン

上に大きな水風船があり、徐々に大きくなります。ある程度以上になると大爆発!らしいですが、私は一度も見られませんでした。

ミニプール(3歳未満)

いくつかおもちゃが浮いた、ミニプールもありました。こちらは3歳未満の子のみ利用可能でした。お兄ちゃんお姉ちゃんとは一緒に遊べない年齢の子も、プール遊びができます。

ちゃぷちゃぷクリーク

ちゃぷちゃぷクリーク

こちらは夏休み期間も無料で遊べるの水遊びスポットです。東京ドームシティは入場料がかからないため、こちらだけ遊ぶのであれば無料で遊べます。

“用水路と笹船”をイメージしたゆったりと流れる水路で、おもちゃがういています。子ども達は上流から下流に向かって、無我夢中でおもちゃを流していました。

子どもって、どうして流れる水が大好きなんでしょうかね?

ちゃぷちゃぷクリーク

まとめ

都心で着替えもできる都内の水遊びスポット、暑い日にでかけてみてはいかがですか?

どもが水遊び水遊びパンツはどう選ぶ?種類と人気の水遊びパンツ7選-プールは行ける?