Rinkerリリース履歴

rinker公式サイト



Rinkerベーシック版

ver1.3.0

(2018年7月29日 fanbox先行リリース)

  • 楽天市場より検索機能を追加しました
  • Amazonから再取得する際のパラメータにIdTypeをつけるようにしました
  • AmazonのタイトルリンクはAPIから取得したものを直接利用するようにしました

設定について

特に追加の設定は必要ありません。楽天市場のボタンをタイトルURLと同じにしたい場合は[Rinker設定]のこちらを変更してください。
アフィリエイトの高利率はタイトルURLと同じURLを利用しないと適用されませんので、高利率を保持したい場合はこちらを設定してください。

楽天の高利率リンクをもしもリンクで利用する場合
楽天の高利率リンクはもしも経由にしても高利率が保持されます。

ver1.2.3

(2018年7月30日 一般リリース)

  • Amazonから再取得する際のパラメータにIdTypeをつけるようにしました
  • AmazonのタイトルリンクはAPIから取得したものを直接利用するようにしました

Amazonのタイトルリンクについて

RinkerではAmazon アソシエイト・プログラム アソシエイトリンク作成方法(PC)にそってリンクを作成していましたが、こちらをAPIから取得をしたURLをそのまま利用するようにしました。

理由としては以下です。

  • 楽天市場のタイトルURLはAPIから取得したものをそのまま利用する必要がありました。Amazonもその仕様と合わせた方がよいと考えました。
  • AmazonAPIの制限を緩和するためにはAPIから取得したURLを利用しなければいけない可能性があったため(こちらは正確な返答を待っています)

旧データは張り替える必要はありません。24時間のキャッシュが切れたタイミングで順次自動で更新されます。

ver1.2.2

(2018年7月12日)

  • (セキュリティ)Rinker設定の権限を2重にしました
  • 1.2.1への微調整やコードのリファクタリングなどを行いました

ver1.2.1

(2018年7月11日)

  • (セキュリティ)エスケープされていなかった部分をエスケープするようにしました
  • HTMLテンプレートを個別カスタマイズできるようにしました
  • スタイルシートを調整しました

ver1.2.0

(2018年6月25日fanbox先行リリース 2018年7月5日一般リリース)

  • 商品リンクに追加ボタン用のフォームを実装しました。
  • Amazonで取り扱い中止になった際、ダッシュボードに商品リンクのIDを表示するようにしました。
  • [商品リンク]の一覧で[商品リンクカテゴリ]で絞り込みできるようにしました。

商品リンクに自由ボタンを追加する方法

[商品リンク]のこのフォームにボタン名とURLを入れると、ボタンが追加されます。
[自由URLボタン名1][自由URL1]はAmazonボタンの前、[自由URLボタン名2][自由URL2]はYahooボタンの後に表示されます。

商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト

ver1.1.1

2018年6月21日

  • 楽天リンクをRinkerから生成されたリンクだとわかるように修正しました

ver1.1.0

2018年6月17日

  • 価格表示の有無を設定できるようにしました
  • スマホで[Yahooショッピング]のグの文字が消える場合があったので調整しました
  • 文言一括変更のフックを入れられるようにしました

価格の非表示表示設定

[設定]-[Rinker設定]ので[]をチェックして[変更を保存]ボタンをおしてください。

ver1.0.3

2018年6月16日

  • (重要)投稿ページから商品リンクを追加してもリンク情報が追加されない不具合を修正しました(ver1.0.2のみの不具合です)

ver1.0.2

2018年6月15日

  • (重要)クイック編集から商品を編集すると商品情報が消えてしまう不具合を修正しました
  • 現在取り扱いのない商品は取り扱いがないと表記するようにしました(完全にページが無い商品になります)

ver1.0.1

2018年6月6日

  • 楽天リンクを一旦もとの仕様に戻しました

ver1.0.0

2018年6月6日

  • 旧スタンダード(無料版)にPro版を統合しました。

スタンダード(無料版)

ver1.0.3

2018年5月20日

  • [設定]でAmazonのリンク先を商品詳細ページにいくように設定できるようにしました
  • ショートコードに設定、alabel=””(Amazon用)、rlabel=””(楽天市場用)でボタンの文言を変更できるようにしました
  • テンプレートとCSSを微調整しました

Amazonリンク先の設定

[設定]-[Riker設定]でリンク先を詳細画面にできるようにしました

[設定]-[Riker設定]でリンク先を詳細画面にできるようにしました

ショートコードの属性を追加

Rinker(リンカー)ショートコード属性一覧

ver1.0.2

2018年5月15日

  • APIで商品データが取れなかった場合、キャッシュが永続していた点を修正
  • JIN、AFFINGER5、STORKでのCSSの崩れを調整

ver1.0.1

2018年5月13日

  • タイトルと画像にアフィリエイトリンクが入っていなかったバグを修正

Pro(1ライセンス・マルチライセンス共通)

ver1.0.3

2018年5月20日

  • ショートコードにylabel=””(Yahooショッピング用)でボタンの文言を変更できるようにしました

ver1.0.2

2018年5月15日

  • APIでデータが取得できなかった場合、画像と価格が表示されなくなっていバグを修正
  • JIN、AFFINGER5、STORKでのCSSの崩れを調整

ver1.0.1

2018年5月13日

  • タイトルと画像にアフィリエイトリンクが入っていなかったバグを修正