【混雑や待ち時間教えます】東京ドームシティアトラクションズ!おすすめルートも

東京ドームシティの混雑

水道橋にある東京ドームシティ(旧後楽園遊園地)

その中でもアトラクションズという遊園地は子どもに大人気!
ヒーロショーを観たりアトラクションに乗ったり水遊びをしたりと1日中楽しめます。

今回は子連れならではの東京ドームシティの楽しみ方混雑情報お得なチケット購入方法などをまとめました。

混雑情報

平日以外(土日祝日長期休み)のチケット窓口はいつも混雑

東京ドームシティアトラクションズは乗り物がそこまで混んでいない場合もチケットカウンターが非常に混雑する場合があります。

これはワンデーパスポートが窓口でしか購入できないためです。

2016年8月5日現在、コンビニなどで購入する方法はありませんでした。

券売機はいたるところにあり、混雑もありません。

あまりにも混んでいる場合はワンデーパスポートは諦めるという手もあります。

アトラクション混雑情報

待ち時間をチェックしよう!

待ち時間は公式サイトでチェックできます。
東京ドームシティアトラクション混雑情報

事前に気になる時間帯にチェックするといいでしょう。

ウォッチしていると、

平日は0−10分程度の待ち時間。

休日は0-50分程度の待ち時間。

です。

休日で50分程度の待ち時間になる可能性のあるものはサンダードルフィン。

子ども向けのものは長くて30分程度のことが多いです。

今回のタイムスケジュール(夏休み平日)

  • 10:10 到着しチケット購入(待ち時間10分
  • 10:35 キッズハッカー 子どもだけで乗車 (待ち時間10分
  • 10:45 シアターGロッソに入場 並ばず入場
  • 11:00 ジュウオウジャーショーをみる(30分)
  • 11:45 ジュウオウランドで遊ぶ(30分) (待ち時間10分) ジュウオウランド詳細※ワンデーパス利用不可
  • 12:25 ジュウオウジャーフェイスデコ (待ち時間5分) フェイスデコ詳細
  • 12:40 シアターGロッソのエスカレーターをそのまま上にあがると、ウォーターガーデンのあるスプラッシュガーデンゾーンへ出られます(!)
  • 12:45 わくわくウォーターガーデン(60分) (待ち時間0分)※ワンデーパス利用不可
  • 13:45 フードコートが激混みで断念!ホットドッグスタンド(空いてました)で子ども達はヒーローセット 700円を食べました。
  • 14:25 マジクエストで遊ぶ(60分) (待ち時間0分
  • 15:40 サーティワンのアイスを食べる (待ち時間10分
  • 16:00 ブルームエクスプレスに乗る (待ち時間10分
  • 16:20 ちゃぷちゃぷクリークで遊ぶ(15分)
  • 16:35 ちゃぷちゃぷクリークからそのままビル側に進み、JR水道橋駅より帰宅(近い!)

夏休みといえども、平日なためか、比較的空いていました。

料金とチケットの種類

料金は?

入場料

入場料は無料です。アトラクションに乗る場合やショーを見る場合に別途料金がかかります。

アトラクションの料金(ワンデーパスポート)

1日乗り放題のチケットになります。

  • ワンデーパスポート(大人) 3,900円
  • ワンデーパスポート(中人) 3,400円
  • ワンデーパスポート(シニア) 3,400円
  • ワンデーパスポート(小人) 2,100円
  • ワンデーパスポート(幼児) 1,300円
アトラクションの料金(ナイト割引パスポート)

17:00より販売のアトラクション乗り放題のチケットになります。

  • ワンデーパスポート(大人) 2,900円
  • ワンデーパスポート(中人) 2,400円
  • ワンデーパスポート(シニア) 2,400円

※小人、幼児のナイト割引はなし

ライド5

5つのアトラクションに乗車できるチケットです。

  • 3才〜 2,600円

※複数人での利用不可

なお、ワンデーパスポートなどを購入しなくても、各アトラクション前の券売機でチケットを購入することも可能です。

ワンデーパスポートは買ったほうがいい?

幼児、小人は間違いなく買った方がお得です!
なぜなら、アトラクションは子ども料金の設定がないため、券売機で買った場合、大人も子どもも同じ料金になります!
幼児は3つも乗ると、もう元が取れてしまいます。

大人は子連れで、子どもの乗車がメインの場合ライド5で良いかと。料金設定が高めな”サンダードルフィンビッグ・オートウキョウパニッククルーズ“あたりに使用して、もし足りなければ追加で券売機で買うでよいかと。

  • キッズハッカーは3才以上で100㎝以上
  • ヴィーナスラグーンは4才以上

これらは4歳でも一人で乗れますので、子どもだけ楽しませることも可能です。
6歳くらいになると、さらに一人で乗れるアトラクションが増えますよ。

割引やクーポンは?

ワンデーパスポート200円引きクーポン
  • ワンデーパスポートから200円引き


ワンデーパスポート200円引きクーポンの画面をプリントアウト記入の上、ワンデーパスポート購入の際、窓口に提出します。
なお、スマホの画面は不可で必ずプリントアウトをする必要がありますので、ご注意くださいね。

※2017年12月28日に調べたところ、クーポンはなくなくなったようです。

TDポイントカードを提示

TDポイントカードを提示すると、

  • ワンデーパスポート(大人・中人・シニア)は300円引き
  • ワンデーパスポート(小人・幼児)は200円引き

となります。

大人・中人・シニアのワンデーパスポートを購入する場合は、webからのクーポン印刷より安くなりますね。

TDポイントカードは年会費入会費無料で、ワンデーパスポート購入窓口でも作れます。また、園内で何か購入した場合もポイントが付くのでお得ですよ。

子連れで楽するポイントは?

乳幼児(0~2歳)

ラクーアゾーンに行く

この年代の子が楽しめるのはビッグ・オー(観覧車)、ヴィーナスラグーン(メリーゴーランド)、ピクシーカップ(コーヒーカップ)、ちゃぷちゃぷクリーク(水遊び場)になります。
ラクーアゾーンには噴水や食事ができる場所もあるので、食事とお散歩を楽しむのがGoodです。

幼児(3~5歳)

遠いラクーアゾーンは諦める!

ここに行くのが、階段もあり、少々遠いので大変です。この年齢の子どもはバイキングゾーンやスプラッシュガーデンゾーン、パラシュートゾーンなど入り口から手前のエリアでも十分楽しめます。割り切ってラクーアゾーンは諦めるのも手です。

子ども(6歳〜)

体力もつき、長い間歩き回ることができるようになります。一人で乗られるものも多くなるため、子どもの分だけフリーパスを買うという方法もおすすめです。

ショーを見た後はスプラッシュガーデンゾーンへ

東京ドームシティは位置がわかりにくいのですが、ショーを行うシアターGロッソの中のエスカレーターかエレベーターを上にあがると、そのままスプラッシュガーデンゾーンに出られます。これがかなり近いです。このルートを覚えておくと効率よく回れますよ。

ただ、今回、フェイスデコをしたあとに水遊びをしてしまったため、全部流れてしまいました。。。失敗。。お気をつけください。

東京ドームシティでの水遊び情報はこちら

フードコートは激混み

フードコートはかなり混雑します。15:45分頃に様子をみましたが、まだまだ座れる感じではありませんでした。ただ、シアターGロッソ内にあるホットドッグスタンドは12時頃席も空いており、比較的空いているようでした。ここではヒーローショーとのコラボランチもありますので、こちらで食べるのも良いかと思います。

ヒーローセット 700円(ミニホットドッグ・フライドチキン・ソフトドリンク・ヒーロー指人形1つ)

ヒーローセット 700円(ミニホットドッグ・フライドチキン・ソフトドリンク・ヒーロー指人形1つ)

出典:東京ドームシティHP

ちゃぷちゃぷクリークの奥を抜けると、すぐ水道橋駅

2階のパラシュートゾーンにいる場合はちゃぷちゃぷクリークの奥に進むとそのまま駅に出られます。1階に降りて帰るよりめちゃくちゃ近いです。

まとめ

東京ドームシティはあまり行ったことがないと、位置感覚がつかみにくいです。子連れであれば、なるべく楽なルートを回りたいですよね。
ベビーカーもそのままいける、シアターGロッソからスプラッシュガーデンゾーンのルートは是非覚えておいてくださいね!

ジュウオウジャーを120%楽しむ東京ドームシティ!シアターGロッソでヒーローショー
東京ドームシティ・アトラクションズで水遊び!わくわくウォーターガーデンの混雑は?